ビセラの危険な飲み方

ビセラに危険な飲み方ってあるの?

 

ビセラはサプリメントなので、基本的に危険な成分や副作用の起こる可能性のある成分は含まれておりません。

 

ビセラの主成分である短鎖脂肪酸は、腸内細菌(酪酸菌)がそれらに含まれるオリゴ糖や食物繊維を餌にして生成されるものなので危険なことは全くないのです。

 

短鎖脂肪酸の働きは

・脂肪の蓄積をストップさせる
・代謝を活性化させる

 

ようするに、同じ食べ物を食べても、短鎖脂肪酸の働きにより今までは蓄積されていた物が代謝により蓄積されなくなるのでダイエットの効果を実感できるのです。

 

このように、短鎖脂肪酸はダイエットする際にはとても重要な成分なのですが、欠点として

 

・個人差が出てしまう
・即効性がない

 

なので、即結果を求めている人にはビセラ(BISERA)は満足行かないでしょう。

 

そのような人が、「効果が出ない」とばかりにビセラ(BISERA)を一度に大量に飲んでしまったりすると「危険」な飲み方になります。

 

いくらサプリメントとは言え、オリゴ糖を含んでいますので、一気に大量に飲むと体質によっては下痢を引き起こす可能性が出てきます。

 

それに、一度に大量に飲んだからといって、即効性が出るわけでもありませんし、そのような期待を持っている方にはビセラはお勧めできません!

 

ビセラは毎日飲み続けることによって、太りにくく痩せやすい体質に変わっていくのです。

 

ビセラの効果的な飲み方は?

先程も述べたようにビセラはサプリメント(食品)であるので、薬のように「いつ飲む」と言う決まりはとくにありません。

 

でもそうは言っても、やはり効果的な飲み方ってあるんじゃないの?そう思っている方は読んでみてください。

ビセラの主成分は「短鎖脂肪酸」

短鎖脂肪酸の働きは脂肪の吸収をストップさせて代謝を活性化させるので、1日のうちでいちばん高カロリーの食事のときや、食べる量が多くなってしまう時に一緒に飲むのが効果的と思われます。

 

一般的には夜食がいちばん高カロリーな上、食べた物を消費せずにそのまま寝てしまうと体内に蓄積されてしまいますので、夜食と一緒にビセラを飲むのが効果的です。

 

またビセラに含まれる善玉菌は、胃酸にさらされてしまうとほぼ死滅してしまいます。なのでビセラはそれを防ぐために、特殊加工カプセルで包んであります。

 

 

これにより胃を通過して腸で溶ける事によりビセラ(BISERA)はその効果を発揮するので

 

・カプセルを割って飲む
・熱湯と一緒に飲む

 

などの飲み方は良くありません。カプセルをそのまま腸に届けるように飲むのがベストなので、なるべく多くの水またはぬるま湯で飲むのが良いです。

 

ジュースやコーヒーなどで飲むのも良くありません。サプリの効果を最大限に発揮できる飲み方がいちばん良い飲み方になります。

 

ビセラをお勧めできる人

溜め込みがちな方
便通が思わしくない方
痩せにくいと感じ始めた方
甘いものが好きな方
食事の量が多い方

 

ビセラをお勧めできない人

痩せたいと思ってない方
即効性を求める方
継続して飲めない方
サプリを理解できない方
アレルギー体質の方

 

ビセラには大豆成分・乳成分を含む原材料が使われているので、アレルギー体質の方は注意してください。

 

どうしても不安な方は、掛かり付けの医師に相談してから飲むと良いでしょう。

 

ビセラは痩せやすい体質に変えたいと思っている人におすすめ

 

繰り返しになりますが、即効性を求める人にはおすすめできません。

 

時間をかけてゆっくりと痩せやすい体質を作って行く・・そう考えている方にはとってもおすすめのサプリになります。

 

無理なダイエットと違って「痩せやすい体を作る」ので、そもそもダイエットとは言えないかも知れませんが、無理もしないので当然リバウンドもないでしょう。

 

ヒトのカラダが変化を感じはじめるのは3ヶ月頃からだと言われています。まずは3ヶ月続けてみて、無理なくその効果を実感してみませんか?

 

>>ビセラのお試しはこちらから<<

page top